平野天満宮

山中湖村無形民俗文化財の奉納神楽「天岩戸神楽」がある神社

学問文道の神である菅原道真と、武勇・医療・産業・五穀豊穣の神「須佐之男命」が祀られている平野天満宮。その奉納神楽として江戸時代から伝承される「天岩戸神楽」は、雌獅子神楽で女らしく膝頭を付け内股で舞うのが特徴です。
7月14・15日の例大祭ではお神輿が平野地区内を練り歩き、「天岩戸神楽」が辻々で舞われます。
ページの先頭へ